謎の彼女X


学生時代に恋人がいなかった人たち向けの癒し目的として描かれた漫画かと思いきや、さすがアフタヌーン連載作、一筋縄ではいかない作風です。主人公は、エキセントリックで秘密がある女の子と付き合うことになりますが、舞台設定がなかなかぶっ飛んでおり、なんとよだれが物語の核となっているのです。私は相当数の漫画を読んできたつもりですが、ここまでよだれが登場する漫画は初めてです。ですが、単に奇をてらったキワモノではなく、青春恋愛漫画としてもかなり秀逸なのでニヤニヤしながら読めますよ。SFの要素もあるため、ときどき映画「パーティで女の子に話しかけるには」を思い出しました。