屈葬

尻子玉は存在しない

こ、こいつはインモラルすぎるぞ……映画 ブリキの太鼓

有名な作品だからてっきり反戦文芸作品の大作かと思いきや、ブラックユーモアとインモラルなエロに彩られたとんでもない怪作だった。

画像

超能力は出てくるわ、小人症の皆さんが芸を見せてくれるわ、ウナギのシーンはえぐ過ぎるわ、現代だと絶対に映像化できないシーンが連発されるわでびっくりだぜよ。
一番ヤバい場面にはショタコンの変態供が歓喜するかもしれんが、この先いつ配信禁止になってもおかしくない。
作品としての完成度は凄まじく、フックが多いのでダレることなく鑑賞できた。

画像

アレハンドロ・ホドロフスキーのファンには格別におすすめ。