屈葬

尻子玉は存在しない

残虐ゲームの映画化にしてはおとなしい - モータルコンバット

画像

画像

画像

画像

画像

フィニッシュ・ヒムのフェイタリティで有名なアメリカ産の格闘ゲーム。スト2のヒットにあやかって作ったのだろうけど、本家には真似できない残酷描写を盛り込むことによって人気を博し、現在まで続くシリーズ化に。95年に映画化されたのが本作。

レーティングを意識してか、残虐な描写はほとんどカットされ、悪の組織と素手で戦う普通のカンフー映画になってしまった。超常的な力を使ったり、人外のキャラクターもいるにはいるが、それ以上に敵のボス役の日系人の顔芸の方が印象に残った。

なお、音楽はインダストリアルメタルやテクノ、デスメタルのアーティストが集結、ポルノ女優のトレイシーローズの楽曲はゴアトランスの大御所であるjuno reactorが手がけるなど聴きどころも多い。ジュリアナ東京風のハードコアテクノな音色とメロディのテーマ曲はくそダサいが中毒性があった。

また、2021年に続編が公開予定であり、浅野忠信も主要キャラクターの一人で出演とのこと。