屈葬

尻子玉は存在しない

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド

パルプフィクション以来の傑作。前作のヘイトフル・エイトもそこそこ面白かったが、今作はジャッキーブラウンから劣化しっぱなしだった会話の面白さが復活した。

 

話の内容は落ち目の俳優の活動がメインで後半からはマンソン・ファミリーの出現が増える。例の大虐殺をどう描くのか楽しみにしていたら、まさかその方向でくるとは。

 

f:id:dickcock:20220802201538j:image