拾った女 - チャールズ ウィルフォード

1955年に出版された作品とは思えないほど現代的。恋愛に酒とレストランと病院が舞台となれば感じることやることは似通っているからか。ラストがイニシエーションラブ並みにあれっ?!と印象が変わるのも先鋭的。