チェリースポット

音楽、本、映画、漫画、ゲーム、アプリetc

テクノ・ハウス

Sleeparchive - Slam Radio 176 (11 February 2016)

ベルリンのテクノアーティスト。ソフトウェア中心ながら太く荒い音作りが特徴。 youtu.be

Max Cooper - Broken Machines Broken Dreams (Official video by Optical Arts)

youtu.be 音楽と映像を両方手掛けるアーティスト。3D的な音の響かせ方が面白い。

Emmanuel Top - Best of [Full Album] 2002

youtu.be アシッドテクノの重鎮のベストアルバム。

Shinichi Atobe - Love Of Plastic (Full Album)

youtu.be ハウスアルバム。音色がかなり日本人らしい。

Drukqs - Aphex Twin

youtu.be ゴシックな鍵盤曲の間にドリルンベースが挿入されたアルバム。2枚組でも2分程度かそれ以下の鍵盤曲が多いためさほど聴き疲れはしない。ドリルンメインにしてわかりやすい鍵盤曲のみを集めて1枚で出した方がよかったかも。

Dadub - You Are Eternity

youtu.be イタリアの漆黒テクノ

Byron The Aquarius - Moments In Life

youtu.be

キックひとつだけで耳をそばだてられるアーティスト - Joey Anderson

テクノやハウスのトラックを作るならばこういう才能を持っている人間は強い。何千、何万という曲を聴いてもたった一音で誰のどの曲かわかるってほとんど魔法みたいじゃないか。唐突な切り貼り感のある音と万華鏡のようなシンセも快楽度高し。

Nicola Cruz - Siku

Murmur · Pasocom Music Club

Bjørn Torske - Gullfjellet

Murcof - Cielo

Joy Orbison - Hyph Mngo [HFT009] (Official Audio)

Drax - Amphetamine (1994)

アンフェタミンとは直球のタイトル。印象的なリフがトランシーな音色で鳴らされ、途中からはフィルタリングされ変化していく。 #テクノ

Infinite Hieroglyphics - Appleblim

Josh Wink - Higher State Of Consciousness (Tweekin Acid Funk) - 1995

Attention Fête - Turdus philomelos

soundcloudでAttention Fêteからフレンド申請が来たので了承してアクセスしてみたら、モロに自分のツボに入る曲を作るアーティストだった。こういう出会いがあるからSNSも悪くないなあ、と思う。

シカゴハウスの古典 - Ron Trent - Altered States

1990年のリリース、製作は80年代のときらしい。

Dominik Eulberg - Unechte Wendeltreppe

典型的なテクノ。優等生すぎて頻繁には聴かないタイプの音。

DJ Seinfeld - Walking With Ur Smile

EDM以降、いや2000年代前半からのフレンチエレクトロの隆盛からやたら音圧の高いダンスミュージックが幅を利かせてきた。耳に優しくホームリスニングに適したローファイハウスは狂騒の反動なのかもしれない。摩耗した音色と雰囲気はシューゲイザーやドリーム…

瞑想向け? - DeepChord presents Echospace The Coldest Season

深遠なるダブテクノ。この手の音を聴くたびにベーシックチャンネルを思い出してしまうのは仕方なのないこと。

これ、本当に名盤? - The Avalanches - Since I Left You

このアルバムを作るのに900枚(900曲?)のサンプル元があるそう。ワクワクしながら聴いたんだけど、最初から最後まで普通というか微妙。今までに通して10回はアルバム聴いてるがその印象は今回も変わらないなぁ。やっぱDjシャドウの例のアルバムの方が好き…

Hardcell & Pär Grindvik - Square (Original Mix) shukua shukua

超グルーヴィなミニマルトラック。

Planetary Assault Systems - Sky Scraping

ルーク・スレーターが90年代なかばから使っているテクノ名義の新作。一聴してPASとわかる音色と音世界。

2007年のテクノアンセム - Samim - 'Heater'

日本を含む各国のダンサーが踊っているPVがポップ。

イギリスのテクノアーティスト - Surgeon - Luminosity Device

90年代半ばからストイックな曲をリリースしているアーティスト。身内が女王陛下の医者をやっていたことでこの名前にしたのだと。

おしゃれでポップなハウス曲 - Rasmus Faber - Ever After (feat. Emily McEwan)

たまには女子をウケ狙った曲を聴くのも悪くない 。乙女ハウスといった日本独自の気色の悪い呼び方だけは勘弁してほしいが。MVの手作り感はわざとやっているのだろう。映像に映っている女性は別人かと思ったら髪型と服装を変えただけなのだな。

Prins Thomas - Feel The Love

#PrinsThomas

Einmusik b2b Jonas Saalbach live at Preikestolen in Norway for Cercle

Einmusikのライブ映像を探しているきに見つけた動画。ノルウェーのプレーケストーレンという崖で行われたライブ映像。こういうの見るとハードウェアが欲しくなる。

トランスに影響を受けたテクノ - Dusty Kid - The Cat

RAVEにのめり込んだアーティストはたいていその手のジャンルを作るものだけど、ダスティキッドは主戦場をテクノに選んだ。ベースラインはサイケデリックトランス風、人を食ったようなシンセは往年のハードハウスのよう。彼はルミカを振り回しながらUFOやキッ…