テクノ・ハウス

Paula Temple - Gegen

youtu.be 2拍目のカランと鳴る金属音が揺れが強調したグルーヴィなテクノ

Jennifer Loveless - Around the World

youtu.be なかなかポップなテクノ

Steffi - The Red Hunter

youtu.be ぱっと聴いただけだとまんま90年代前半のインテリジェンステクノ。ブラックドッグ界隈の未発表曲のリマスターと言われても信じてしまうな。

Schacke - Apocalyptic Decadence

youtu.be

Mall Grab - Breathing

youtu.be 90年代リバイバルという言葉に意味がないほどこの30年の音楽はいつも90年代的だ。

DJ Lag - Meeting With The King

youtu.be センシティブなハウスから実験的なテクノ、陰鬱なトラックまで聴かせてくれる。が、アルバム後半は蛇足すぎるぜよ……

Hagan - Textures

youtu.be ベースはトラップ以降、リズムは軽やかなハウス、哀愁をまとったメロディはちょっと大仰か

Marcel Dettmann - Fear Of Programming

youtu.be

Alex Smoke - Dire Need (Tale Of Us Remix)

youtu.be 心地よい重さのキックに期待感を高めるシンセのループが鳴った時点で尋常じゃない気持ちよさ。高音が強調されたパーカッションが強烈なアクセントとなって、そこに幻惑的なボーカルが重なってくる。

Spiritual Battery (Extended Lithium Mix [Remastered])

youtu.be 頭3分はいらない

Richard H. Kirk - Freezone

Cabaret Voltaireのメンバーによるテクノ。1993年作。80年代の剥き出しのノイズからはかけ離れた洗練されたテクノ。時代を感じさせない作風。 youtu.be

Kangding Ray - Mauve Deepens

まっとうなテクノ。メロディもあり、フロア仕様でもある。90年代前半のエイフェックスツインを思わせるような音ともいえる。

Art Department - Much Too Much

ハウスのアーティスト2人が組んだユニット。オーセンティックなリズムに陰鬱なボーカルとシンプルなシンセが乗るスタイル。大衆性のある音楽ではないのにヒットした様子。

Jan Jelinek - Loop Finding Jazz Records (Full Album)

様々なジャズのレコードからサンプリングして加工し、テクノに仕上げたアルバム。職人技。

Basic Channel – BCD-2 (Full Album)

この後のダウナーなダブテクノよりはもっとフロアライクな音。

Deepchord presents Echospace Liumin full album

深遠なるダブテクノのアルバムに日本の夜景はちょっとあわないと思うが、内容は素晴らしすぎて何度も聴きたくなるもの。

Bjørn Torske - Sexy Disco

グルーヴィー。ディスコは廃れてもディスコミュージックは定期的にアンセムを出す。

Radius - Transversewaves [cv313 Reshape]

ECHOSPACEの別名義。元の音源はカセットテープのものらしい。テープコンプで音にコクが出てハイがカットされたせいかまろやかな響きになっている。素晴らしい。

JakoJako // Live @ Erica Synths Garage x Burn

モジュラーシンセとOcta Trackを使ってのライブ。Caterina Barbieriもそうだけど、モジュラー女子はクールビューティーな美女が多い印象。反して男は暗そうでむさいのばっか。

Doctor Who (1963) - Original Theme music video

電子音楽の開祖の一つ。

Deepchord - Live PA [Dub Techno Mix]

リミックスだからかBPM速め。フロア仕様か。

Abraxas - El Dolor De La Carne

この暗さ、陰湿さには悪意すら感じられる。マニア垂涎の不気味な電子音楽。

Handley · Born Under A Rhyming Planet · Jamie Hodge

youtu.be テクノ。某ユニットの別名義(初期名義?)だけど本体よりいい。

Hex (Original Mix) · Marie Vaunt

youtu.be ルックスだけで客が呼べる女性DJが作ったとは思えないほどゴリゴリなテクノ。

The Moog Cookbook

youtu.be 脱力アレンジで超有名曲をカバーした一発屋ユニット

Jack Wins - Live For Tonight

ひと頃の日本だと乙女ハウスに分類されていただろうお洒落なボーカルハウス。 youtu.be

Document One - LSD

youtu.be トリップホップにも通じるドラムンベース。やかましすぎないので聴きやすい。

DJ Marky Live D&B Sessions - 26th Aug 2022

youtu.be 自宅なのかな、すごいレコードの量だ。やってることは20年前から何も変わってないが。

Skanfrom – Postcards (Full Album 2014)

youtu.be Sleeparchiveの変名。80年代オマージュな作風でメロディも音質もかなり寄せてる。リズムの処理はさすがの太さ。これまでのどのプロジェクトよりもポップ。

Sleeparchive - Slam Radio 176 (11 February 2016)

ベルリンのテクノアーティスト。ソフトウェア中心ながら太く荒い音作りが特徴。 youtu.be