チェリースポット

音楽、本、映画、漫画、ゲーム、アプリetc

ラップ・ヒップホップ

Waka Flocka "Hard in Da Paint

youtu.be トラップという言葉がまだまだ知られていなかった頃のヒット曲。かっとばした1stだけじゃなくて、ダークと売れ線が混じったセカンドもよかった。が、急激に失速。いま何してるんだろう。

黒人にしては童顔のラッパー - ludacris

メジャー1stから。大ヒットした曲よりもこの2曲をよく聴いてた。ファレルのプロデューサーユニット、ネプチューンズ全盛時のサウンド。激しめのキックと音数の少ないトラックは今聴いても古さを感じない。

Pitch Black - It's All Real

Muck Spreader - Take Flight

声もフロウも楽曲もソウル・ウィリアムズ。この手のオルタナティブなラップはいまだにトラップばかりを追いかけている人は聴かないのだろうな。

Ganksta N I P - The South Park Psycho Full Album 1992

マイナーなギャングスタラップ。ホラーコア。

Kali - MMM MMM (feat. ATL Jacob)

808のリズムの上に気だるいラップが乗り、フックに申し訳程度のキーボードが鳴るミニマルな曲。そういえばyoutubeでは低評価数が表示されなくなったんだな。

Luscious Jackson - Citysong

ある意味ワンアンドオンリーなバンド。クールなファンクネスと女性らしいキャッチーさをあわせ持つユニークなスタイル。

Bizzy Bone - Whole Wide World

歌うようなラップで一世を風靡したボンサグのメンバー最年少のビジーのソロ。ウォーレンGのI Want It All 並にメロウなアルバム。一部2pacの怨霊が乗り移ったようなハーコーなラップもあるがほぼ全編キャッチーな泣きメロが満載。

本当に黒いヒップホップ - Blu & Exile - Miles Davis

DJプレミア大好きなんだろうなってプロダクション。フックにスクラッチが入るなんてやり過ぎだろう。白黒のビデオはセンスのよい編集を施してるけど日常を撮っただけのストイックなもの。半裸の女の子もいないし、高級車もなし。ところがラストには こっちの…

funkyfunkyなジャズヒップホップ - US3 - Cantaloop (Flip Fantasia)

だいぶ昔にきいたことがあった曲。ふとfunky funkyのフレーズが頭に浮かんで無性に聴きたくなり探したところすぐ見つかった。ジャズヒップホップといえばATCQがすぐに思いつくけど、US3という名前なのにイギリスのアーティストだったのか。wiki情報によると…

仮面のラッパー死す - MF doom

アルバムは何枚か聴いたらことがあるくらいのアーティスト。ウータンっぽいラップよりもトラックの方が心地よかったな。死因はわからないけど、まさかコロナだろうか。年齢的に自殺もあり得るかもしれない。

イギリスのラッパー wiley - Godfather

ここ10年ほどで(グライム以降だともっと前か)UKラッパーの名前を聴く機会が増えた。そのなかでもwileyのこのアルバムは出来が良い。

ブックオフ叩き売りコーナー常連 - Craig Mack

死去する前年にアルバムを出していたとは知らなかった。晩年はカルト宗教に入ったとかロクなニュースが流れてこなかったが、このアルバムは思いのほかまともでびっくりした。 モロにScott Storch proの曲があったのはちょっと笑った。 ヒットした1stで一番好…

黒くて緩いヒップホップ - Kin'tro - Pink Siifu & Fly Anakin

緩いタッチの絵で名盤が並んだジャケットからしてニヤニヤできる。90年代前半の雰囲気が感じられる優しい音作りと力みのないラップが心地よい。 なぜかYouTubeではアルバム冒頭の数曲に低評価がつけれられまくってるのはナードっぽいからハーコーな連中にい…

ビギーのそっくりさん、銃撃事件で割り食ったラッパーShyne

パフ・ダディ率いるバッドボーイからデビュー、ビギー風のフロウを攻撃されるもヒット。99年、NYのクラブでの銃撃事件で懲役10年を食らい、収監。獄中からセカンドをリリースした後はmixtapeやゲストでの活動がメインで表からはすっかり消えてしまった。

Four Tet参加作 - Sound Ancestors - Madlib

MadlibとFour Tetという米英の腕利きミュージシャンによるコラボ。youtubeにはMusic by Madlib, arranged by Kieren Hebdenとあるから、このご時世顔を突き合わせて作業するというより分担でネット経由でファイルのやり取りをして完成させたのだろう。音は1…

ヒップホップ史上最も凶悪な男、シュグ・ナイトプレゼンツ - Death Row - too gangsta for radio

Dr. Dre一派への嫌がらせが目立った時期にリリースされたコンピ。冒頭からスヌープが悪夢にうなされる寸劇からスタート。 注目は2PACの未発表曲2曲で、特にサグネイチャーは死後最高曲とも言われる名曲。 他には、ラフライダーズ、ジャルールなど当時ヒット…

変態ラッパー代表の一人 - クールキース

ウルトラマグネティックmc'sでシーンに登場してからメジャーマイナー問わず共作し(プロディジーの蟹が一番有名か)、自身も複数の名義を使い分けて活動するワーカホリックな男。ぶっちゃけ、トラックは好きだけどラップはそこまで好きじゃなかったりする。

ウータンクラン一軍一周目。日本では一番人気? - raekwon - only built 4 cuban linx

本国アメリカでの売り上げはともかく、日本人にやたら評価が高いアルバム。 いい具合に劣化させた音質とメロウなサンプルネタのトラックがズラリと並び、そこに切れ味の鋭いラップが絡んでくるスタイル。 #ヒップホップ #ラップ

サードアルバムはトレント・レズナーが全トラックを作成 - Saul Williams - Skin of a Drum

詩人にして俳優兼歌手のサードアルバムからの一曲。歌のメロディがモロにトレント節で人に提供せず自分で歌えばいいのにと、思う。1stからずっとテンションの高いポエトリーリーディングを聴かせてくれたが、最新作は?な出来だった。

世が世ならバンドを組んでロックスターになっていたラッパー - LIL peep(享年21歳)

メロディセンス、ルックスの良さ、ダウナーで中毒性のある声と、恵まれた才能がありながら薬物の過剰摂取で2017年に死亡。唯一の救いは活動歴が3年しかないわりに多作でかなりの曲があることか。 #ラッパー #21歳 #白人 #カートコバーン #オーバードース

ヒップホップとはメロディを少なめにしたファンクである - Whodini - Magic's Wand

80年代のヒップホップを黄金時代と書いてるのをたまに読むけど、実際はただの黎明期だと思うんだな。バッドボーイのメイスを嚆矢として現代まで続くゴニョゴニョ棒読み系ラップも似たようなものかな。

極悪狂犬ラッパーDMX死す

デビューからアルバム5作(確か)連続で全米1位を獲得したダミ声ラッパー。犯罪歴及び逮捕歴が多く、攻撃的なイメージを裏切らない荒くれ者。2000年代中盤以降は急激に失速し、近年はリリースもしていなかったときにこの訃報。死亡した理由もこれまた安定の…

個人的にはウータン関連最後の名作 - Ghostface Killah feat. Raekwon & Cappadonna - Iron Maiden

この作品までのウータンクランは無敵だった。以後、散漫かつ冗長な2枚組のセカンドを皮切りに、メソッドマン、GZA、ODBといった2週目もファーストには遠く及ばない凡作を立て続けにリリース。頭領RAZ(ボビーデジタル)の初ソロアルバムも良い曲は幾つかあれ…

ラップが苦手な人でも聴けそう - Bizzy Bone - The Gift

ラップにメロディをのせるスタイルを確立したボンサグのメンバー。中でもこのアルバムはボンサグ本体よりもキャッチーな曲が多く聴きやすい。ここまでメロウならもはや歌った方がよいのではと思う。曲によっては2pacのコスプレフロウが出てくるのも味がある…

この曲はまあまあ - ビースティボーイズ- Intergalactic

ビースティボーイズはほとんど全部のアルバムを聴いてるのだけど、1枚たりとも気に入った作品がない。どのアルバムも1曲か2曲はまあまあな曲があってあとは全部駄作に聴こえてしまう。このグループほどなぜ気に入らないのかよくわからない音楽もない。名作と…

Public Enemy - Fight The Power

youtu.be ここ20年ばかしはほとんど名前をきかなかったけど、史上最も強力なラップグループのひとつだったPE。学生服みたいな服を着て踊ってるダンサーがシュール

Tech N9ne - Like I Ain't

youtu.be

Naughty by Nature - Hip Hop Hooray

youtu.be

Milkbone - Keep It Real

youtu.be