屈葬

尻子玉は存在しない

父親と娘の絆が切ない泣けるスプラッター映画 - 拷問男

画像1

これまたタイトルが酷いけど、内容が素晴らしかったので気にしないでおく。父親と6歳の誕生日を明日に控えた娘とのやりとりで物語はスタート。ここの見せ方が実に素敵だ。愛情豊かに描かれており、後に訪れる悲劇との落差に無条件で感情移入させられる。

サスペンスではないので呆気なく犯人は割れる。主役はネットや知り合いの医者から拷問の知識を仕入れ、さまざまな道具を用意し、犯人を拉致する。

画像2

復讐中、ウキウキの主役。

創意工夫に富んだ拷問の数々に鬼畜な犯人も泣きを入れるが、モノホンの変質者なので同情は不要。指の切断等、痛々しい場面が延々と続く……ラストはうっかり泣いてしまったよ。ホラー映画を観て涙が出たのは初めてかもしれん。