屈葬

保存

東京BJ 柳沢きみお

アンチ・サラリーマンの話が多い御大。連載雑誌からメインの読者はサラリーマンなのだけど、こうまでサラリーマンを嫌うのは「手に職をつけろ」という御大なりのメッセージなのだろう(適当)。

今回は企業の汚職を見つけて恐喝したり、総会屋がからむ話。打ち切り投げっぱなしのラストが多いなか、この作品は珍しくきれいに終わっている。