屈葬

尻子玉は存在しない

作曲少女~平凡な私が14日間で曲を作れるようになった話~ 仰木日向

図書館で手渡されるのが恥ずかしい類いの本だぜよ。んで、キモオタ御用達のラノベ文体に眩暈がして一度本を閉じちまった。コテコテの設定とキャラクターは、きっと作者が読者のために予定調和をあえて盛り込んだ結果なんだろうな。

字も大きく、読むに値しない場面を飛ばすと、一時間程度で読み終わった。
おれにはむかない本ではあったが、初心者の人には激しくおススメできる一冊ではある。楽器もできず、音楽用語も知らないズブの素人でも、読破すれば最低限の労力で曲の作りかたは覚えられる。それでも、メンターがいない場合は十四日で曲が作れるとは限らないが。