屈葬

尻子玉は存在しない

映画

チェリーについて

普通の女の子がポルノ業界に入る話

セッション

フルメタルジャケットのハートマン軍曹が音楽教師になったら、みたいな映画。

人身売買で売春を強要される女性を描いた映画 - SEXドールズ

イタリア映画。原題はhope lost。悲惨な結果しか想像できない好タイトル。出演者をチェックせず見始めたのでダニー・トレホとマイケル・マドセンが出てきてびっくり。トレホもマドセンもポン引きギャングが似合っていた。

CUBEとESが好きな人向け - プラットフォーム

スペインのシチュエーションスリラー。閉ざされたディストピアな空間には明確なランクがあり、それは階数と食事によって区別される。穴と呼ばれるその場所には何でも望むものをひとつだけ持ち込めるが、主役はドンキホーテの小説を持っていくことにする。同…

ハレンチ青春コメディ最終章 - アメリカン・パイパイパイ!完結編 俺たちの同騒会

1999年の1作目からスピンオフまで全部観ていたつもりだったけど、2012年に本家の4作目が出ていたとは知らなかった。過去作に出演していたメンバーが集結しており、シャーミネーター(キアヌ・リーヴスそっくりになってる)とナディアもラストで顔を見せてく…

イカれた軍人が復讐する話 - ハード・パニッシャー

イギリスの半グレみたいな連中に両親を殺された男がブチ切れて暴れまくる話。日本のVシネマのヤクザモノみたいなテンションと穴だらけの脚本に観たことを軽く後悔。

コックニー訛りがクセになる - ロンドンゾンビ紀行

コメディ色が強いゾンビもの。ロンドンがゾンビで溢れ破綻しかけていても悲壮さはなく、終始ブラックなユーモアを振り撒きながら進行していく。人質から仲間になった金髪の女の子がなかなか可愛かった。

男性ストリップ映画の続編 - マジック・マイク XXL

前作よりも新鮮さとキャッチーさがなくなった分、友情や和解がより重要なテーマになっている。他の映画ならもっと引き伸ばしたであろうラストがやたらあっさり終わったので逆に強く印象に残った。

やっぱり名作 - エルム街の悪夢

いつ以来か思い出せないほど久しぶりに視聴。口から虫が這い出てくるシーンや、ベッドから血が噴き出す場面に「あった、あった」と懐かしさを感じてしまった。子供の頃はドキドキしてたもんだが、今みるとフレディの変態っぷりが笑えた。

アメリカン・ドクターX

レイプされた被害者による復讐もの。古典である発情アニマル等、定番の内容なんだけど、この映画が先の作品と違うのは被害者が外科医としての修練を積み、人体の専門家としての知識と技能を有していること。 このスキルによって物語は別の世界へ広がってしま…

なんて思わせぶりな映画なんだろう - スイミングプール

小説家のおばさんの空想と現実が交差する大人のミステリー。登場人物数も少なく、ダンスの場面とラストくらいしか明確に音楽が流れないためかなり静かな映画。地味だし、解釈は観た人に委ねるタイプの作品なので人によっては全く合わない映画かも。

滞在時間15分で料金は3万から?! - 【映画】二郎は鮨の夢を見る

小沢一郎ばりのチャーミングな涙袋やシミのアップを見せる挑発的なカメラワーク。 外人が撮った鮨映画。日本人だとこのテーマをわざわざ映画にしようとは思わないだろう。NHKの出番だわな。 鮨をスローモーな映像にクラシック音楽をかぶせるカットを多用して…

スタンフォード大学監獄実験 ドイツ映画 ESのリメイク作 - エクスペリメント

ドイツ映画の名作ESのリメイクがあると知ってU-NEXTで検索したところビンゴ、見放題プラン内でみつかった。 見始めてわかったんだが、戦場のピアニストとラストキングオブスコットランドに出ていた俳優二人、つまりアカデミー主演男優賞を獲った二人の共演と…

日本だったらバンドマンと風俗嬢が付きあうみたいなもんか? - 【映画】バッファロー66

見よう観ようと思いながらずっと放置していた映画。U-NEXTに入らなかったら観ることなかったかもしれない。 いろんな期待を裏切られた作品。まず、ヴィンセント・ギャロがいじけ虫の嘘つき男を演じてるのが意外だった。ジャケ写見る限りではタフでハードボイ…

サイコパスな年下の女に翻弄される男 - 【映画】罠 少女の誘惑

脚本家の主役は、集中して作品を仕上げるために都会を離れ、田舎の家を間借りする。そこに暮らすのは不愛想な父親と19歳の娘。娘から誘惑された主人公は葛藤しながらも、下着泥棒やのぞきをこなし、ついには……ナボコフのロリータ系とも言えなくないが19歳だ…

狼たちの午後

実際にあった事件が基になった映画。 ハードボイルドなタイトルからはやや裏切られた内容で、犯罪の素人による無計画な銀行強盗とわかったときはやや失望した。 アルパチーノでこのタイトルならスカーフェイスばりの狂った作品を期待してしまうじゃないか。 …

スティーラーズ

きっと監督は90年代のタランティーノやロドリゲスなんかの犯罪映画が好きなんだろうな。物語の筋に関係ない脱線しまくった馬鹿話の連発や、明るさを抑えて90年代風のフィルムの質感っぽくしているのもその証左かと。 全体的にコメディ色が強い映画なんだけど…

SFパンクな恋の物語 - パーティで女の子に話しかけるには

ナンパなタイトルからアメリカの青春コメディ映画によくある脱童貞ものかと思いきや、かなりエキセントリックな作品。パンクにハマってるイギリスの高校生がギグのあとにとある一軒家のパーティーに行くと、そこには奇妙なコスチュームをした集団がいて、そ…

ゴッドファーザー 最終章:マイケル・コルレオーネの最期

ディレクターズカット板。昔観た時よりはずっと面白かったのは前より流れが自然に思えたからか。おばさん顔だけど、ソフィア・コッポラはこの時19歳だったのだな。

ツィゴイネルワイゼン 鈴木 清順

日本よりも海外で人気がありそうな演劇風のロマン映画。

メンヘラ女は薬を飲んで幻覚を見るか? - トランストリップ

端的にいうと、アメリカの女の子が海外旅行に行ってテンパる話。 完成度の高い映画(マトリックスなんだが)を観たあとに鑑賞したのがまずかったのか、つまらなさが目立ってしまった。イカレタ宣伝文句とタイトルに期待しすぎてしまったようだな。 鑑賞中、…

男はつらいよ 寅次郎夕焼け小焼け

1976年公開の17作目。多分、観るのは4回目くらい。芸者と画家の絡み。珍しく寅さんがコテンパンにふられない展開。

映画 - コールド・スキン

文明から断絶された孤島の灯台を舞台に、未知のモンスターとの戦いとエディプスコンプレックスを描いた変な映画。 アバターみたいな肌の色のモンスター、灯台に住み着いたオヤジ、新たに派遣された夢破れた若者の三者がメイン。 まったく嬉しくない髭面オヤ…

酒酒酒なオージー映画 - 荒野の千鳥足

とある町で酒とギャンブルにハマった教師がどんどん自分を解放していく楽しい映画。皆の飲みっぷりが最高で、これはこっちもビールを飲みながら観るべき映画だ。 主役がホテルの一室で起きるシーンがなぜかモザイクなしのフルチンで映るんだが問題ないのかね…

すべての音楽ファンにおすすめ - シング・ストリート 未来へのうた

特に一度でもバンドを組んでみたいと思ったことのある人は必見。 80年代のアイルランドを舞台にしたぶっちぎりの青春音楽映画。気になる女の子ためにバンドをはじめるってのが懐かしくて素晴らしい。 現代と違い、ネットがない時代では10代が異性に自分をア…

狂気炸裂。復讐するは我にあり - デッド・オア・リベンジ

それでもファニーゲームよりはだいぶ良心的な映画かな。 どこの映画と思ったらジーョジアと書かれているじゃないか。ジョージア? 缶コーヒー? アメリカの州? で、グルジアときけばああ、と思う。ソビエトの一部から独立した国らしい。 仲良し三人組。一番…

このキャッチーさはなんだろう - テルマ&ルイーズ

有名すぎて永らくパスしていた作品。昔から頻繁にきくタイトルだったけど、なるほどこりゃ名作だ。クソほど面白い。何が面白いってのかはちゃんと説明できないが。 ストーリーの骨子、展開、会話にもこれといって際立ったものは感じられない。登場人物の外見…

Mr.ビーン カンヌで大迷惑?!

旅映画。通しで観るのは5回目くらいかな。家族と一緒に観られるコメディって意外と少ない。お色気や下ネタが入ると空間がヒャド食らったみたいになるから。Mr.ビーンは鉄板。TV版も年代関係なく楽しめる。 このシーンというかギャグはTV版でもあった 作中、…

いかれた殺人狂が7人 - セブン・サイコパス

全体通して小話風のエピソード多め。メタっぽい部分があったりシュルレアリスムの影響を受けてるのかもしれない。 主役はサイコパスが出てくる映画の脚本を友達の協力を得て書こうとしているが、あれよあれよと本当にサイコパスに囲まれた状況になる。メイン…

青春残酷物語 - 映画 レスザンゼロ

原作は主人公クレイの視点で、人とのすれ違いや違和感を現在進行形の渇いた文体で綴った作品だった。享楽と退屈の狭間にいる十代の生態を描いたのは映画も同じだが、よりわかりやすくドラマチックに見せるためか、キャラクターの造型からラストまでかなり改…