屈葬

保存

タランティーノ映画久々の大当たり - ヘイトフルエイト

パルプフィクション以後、立て続けに駄作を連発していたクエンティン・タランティーノ。(以下QT)

本作は久々にクソ面白かった。思えばジャッキーブラウンを映画館で観て駄作ぶりに驚かされ、キルビルのイロモノぶりに絶句。キルビル2作目は平々凡々な凡作すぎてガッカリ。デスプルーフは先の3作と較べればかなり当たりだったが、それでも微妙。ナチスのなんとかバスターズも映画館で観たがイマイチ。ジャンゴはご都合主義が退屈で2回と見れられない。

しかし、全く期待してなかった今作は強力に楽しめた。強いて言うなら、将軍はハーヴェイ・カイテルに演じて欲しかったな。