屈葬

保存

多彩なゲストが参加したポップアルバム Tricky - Blowback

 

youtu.be数あるtrickyのアルバムの中でもトップクラスに異色の作品。前作のポップ性と聴きやすさをさらに発展させ、ロック色を大幅に強めた。有名なゲストをフィーチャリングした売れ線狙いといってもいいアルバムだったが、皮肉なことにチャートアクションはこれまでで一番低かった。時代に同調したサウンドと、tricky自身の声の割合が減ったことにより黒さと暗さが減退したのが原因だろうか。発表当時はこんなものは求めてないとがっかりしたものだ。それでリスニングする機会がダントツで最下位だったものの、いま改めて聴くと昔聴いたときよりはずっと楽しめた。


日本人のボーカルとデュエット?する最後の曲だけはシングルのボーナストラックにでもすべきという意見は変わらない。